腸内細菌と免疫

腸は私達の体を守る最大の壁です。
ウイルスたちはこの壁を超えなければ私達の体に感染することすらできません。
それくらい腸というのは大切な免疫機関なのです。

 

腸にある免疫機能の主なはたらきは腸内に入ってきたものが無害なのか有害なのかを認識し、
無害であれば受け入れて有害であると判断したら攻撃する、というものです。

 

これを24時間365日、腸はずっと続けています。

 

実は腸というのは、ヒトの体の70%の免疫システムが集中している場所としても知られています。
ヒトの体を守る壁の7割もが腸に集中しているのはなぜなのでしょうか。

 

それは、感染するのが腸の粘膜からであることがほとんどだからです。
そのため、腸には外敵の存在をいち早くキャッチする免疫機能が備わり、
常にここを守り続けているというわけです。

 

有害物質は空気中にもたくさんありますし、また私達が食べたものの中に含まれていることもあります。
さまざまなところから侵入する外敵を感知し、駆除する…それが腸の役割なのです。
そしてこの役割に大きく関わっているのが腸内細菌というわけです。

 

腸内細菌にはこの免疫機能を強化・活性化するはたらきや、
ウイルスなどの外敵の腸内での増殖を防いだりするはたらきがあるのです。

 

腸が免疫機能を保っていられるのは、ひとえに腸内細菌のおかげでもあります。
ですから、その腸内細菌のバランスが崩れてしまったりすることは、
そのまま免疫機能が低下してしまうことにもつながってしまうのです。