腸内細菌の役割にはどんなものがあるの?

腸に100兆個もいると言われている腸内細菌たち。
その腸内細菌たちにはどのような働きや役割があるのでしょうか。

感染を防ぐ

体の中には常に有害なものが入ってきます。
それは空気中であったり食べ物の中であったり…さまざまな場所にあります。

 

このような有害なものが腸に感染することを防ぐのも腸内細菌の大切な役割です。
腸内に住み着いて腸の壁面を覆うことによってウイルスや有害物質の増殖を防ぎ、
さらに腸の粘膜に感染しないように守ってくれるのです。

免疫機能の活性化

人体の7割もの免疫機能が集中している腸。
この免疫機能が低下すればウイルスなどにも感染しやすくなってしまいます。

 

その腸の免疫機能を高めてくれる働きがあるのが腸内細菌です。
仕組みを刺激し、免疫を活性化させることで私達の体を守ってくれます。

消化促進

食べたものを消化・吸収するのも腸の立派な仕事です。
その消化・吸収を助けるのも腸内細菌の役割です。

 

消化を助ける効果のある酵素の分泌、
腸の働きの活性化などの役割があり、これによって消化を促進します。

 

さらにコレステロールなどの消化・吸収をコントロールする役割もあり、
余分な脂質は排出するようにしてくれるのも腸内細菌の役割なのです。

 

こうした働きや役割のある腸内細菌ですが、実はその状態というのは一定ではありません。

 

食べているもの、生活のリズムなどによって随時その状態は変化しており、
善玉菌が優勢の状態になっていなければ上記のような役割をきちんと果たすことができなくなってしまいます。
ですから、悪玉菌が優勢にならないよう、普段から腸内環境を気にしなくてはならないのです。